問99-28 解説



問28 ムスカリン性アセチルコリン受容体(M 受容体)を遮断する
頻尿治療薬はどれか。1つ選べ。

1 オキシブチニン  2 ナフトピジル  3 クレンブテロール
4 ベタネコール  5 ネオスチグミン



選択肢 1 ですが
オキシブチニンは
抗コリン作用、つまりムスカリン性アセチルコリン受容体遮断作用
を持つ頻尿治療薬です。


選択肢 1 は正しいです。



選択肢 2 ですが
ナフトピジルは、α遮断薬の一種です。
排尿障害改善薬です。
M 受容体遮断薬ではありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
クレンブテロールは、β2 受容体刺激薬の一種です。
気管支拡張薬として用いられます。
M受容体遮断薬ではないし、頻尿治療薬でもありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
ベタネコールは、M 受容体刺激薬です。
M 受容体遮断薬では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
ネオスチグミンは、コリンエステラーゼ阻害剤です。
M 受容体遮断薬では、ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1 です。