問99-29 解説



問29 麻酔下の動物に、アドレナリンを静脈注射すると
急速な血圧上昇とそれに続く下降が認められた。
しかし、ある薬物を前処置後に、先と同量のアドレナリンを
静脈注射すると血圧下降のみが認められた。
前処置した薬物はどれか。1つ選べ。

1 スコポラミン  2 フェントラミン  3 イソプレナリン
4 プロプラノロール  5 クロニジン


本問の問題文は
アドレナリン反転についての記述です。


アドレナリン反転とは
α1 受容体遮断薬投与後に、アドレナリンを注射すると
血圧下降作用が見られる現象です。

アドレナリンは
α1 受容体及び、β2 受容体に作用します。
α1 受容体が刺激されると、血圧上昇が引き起こされ
β2 受容体が刺激されると、血圧下降が引き起こされます。

α1受容体を介した作用の方が、より大きい作用のため
従来は、アドレナリンにより、血圧は上昇します。

しかし、α1 受容体遮断薬を投与していると
β2 作用のみが見られることで
アドレナリンを投与して血圧が降下する、という現象が
見られます。


さて、選択肢の5つの薬物ですが
スコポラミンは、M 受容体拮抗薬です。
フェントラミンは、α受容体遮断薬です。
イソプレナリンは、β受容体刺激薬です。
プロプラノロールは、β受容体遮断薬です。
クロニジンは、α2 受容体作動薬です。

前処置をした薬物は、α遮断薬である
フェントラミンであると考えられます。


正解は 2 です。