問99-32 解説



問32 心臓に対する選択性が高く、頻脈性不整脈に用いられる
Ca2+チャネル遮断薬はどれか。1つ選べ。

1 アゼルニジピン  2 エホニジピン  3 シルニジピン
4 ベラパミル  5 マニジピン



不整脈にも使われる
Ca2+チャネル遮断薬は
ベラパミルです。


よって、正解は 4 です。



ちなみに、その他の、語尾がジピンである
Ca2+チャネル拮抗薬は
ジヒドロピリジン系 Ca 拮抗薬と呼ばれます。

血管に選択的に作用し、心筋への作用が
ほとんどないという特徴があります。