問99-35 解説




問35 ヒドロコルチゾンの薬理作用として
誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 尿中カルシウム排泄の増加
2 感染症の誘発及び増悪
3 脂肪組織での脂肪分解促進
4 胃酸分泌の抑制
5 血糖値の上昇



ヒドロコルチゾンは、ステロイドの一種です。
ステロイドの代表的な副作用は
易感染性、骨粗しょう症、糖尿病
高脂血症、消化性潰瘍などです。
これをふまえて、各選択肢を検討します。



選択肢 1 は正しいです。
カルシウム排泄が増加することにより
骨粗しょう症のリスクが高まります。



選択肢 2 は正しいです。
免疫が抑制されるため
易感染性となります。又、すでに感染症にかかっている場合は
増悪の危険性があります。



選択肢 3 は正しいです。
脂肪分解が促進されることにより
高脂血症が進行することがあります。



選択肢 4 は誤りです。
ステロイドは、胃酸分泌を促進させます。
その結果、消化性潰瘍が発症することがあります。



選択肢 5 は正しいです。
血糖値が上昇することがあります。



以上より、正解は 4 です。