問99-36 解説



問36 尿酸合成に関わる酵素を
選択的に阻害する薬物はどれか。

1 コルヒチン  2 ブコローム  3 プロベネシド
4 フェブキソスタット  5 ラスプリカーゼ



選択肢 1 ですが
コルヒチンは
微小管タンパク質(チュブリン)と結合することで
微小管の形成を阻害する薬です。
これにより、関節炎症部位への好中球の遊走を抑制することで
痛風発作を緩解します。

尿酸合成に関わる酵素を
選択的に阻害する薬物ではありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
ブコロームは
尿酸排出促進作用のある NSAIDs です。
抗炎症作用、抗リウマチ作用もあります。

尿酸合成に関わる酵素を
選択的に阻害する薬物ではありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
プロベネシドは、尿酸排出促進薬です。
合成酵素阻害薬ではありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
フェブキソスタット(フェブリク)は
非プリン型キサンチンオキシダーゼ阻害薬です。

キサンチンオキシダーゼという
尿酸合成に関わる酵素を選択的に阻害します。


選択肢 4 は正しいです。



選択肢 5 ですが
ラスプリカーゼは
遺伝子組換え尿酸オキシダーゼです。
点滴静注薬です。
がん化学療法に伴う、高尿酸血症の治療に用います。
合成酵素阻害薬ではありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 4 です。