問99-37 解説





問37 アンチトロンビン非依存的にトロンビンを
直接阻害する薬物はどれか。1つ選べ。

1 フォンダパリヌクス  2 アルガトロバン
3 ダルテバリン  4 ダナパロイド  5 パルナパリン



選択肢 1 ですが
フォンダパリヌクス(アリクストラ)は
選択的 Xa 因子阻害薬です。
トロンビン直接阻害薬では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
アルガトロバンは
直接トロンビン阻害剤です。

ヘパリン類とは異なり
アンチトロンビンに依存することなく
直接阻害します。


選択肢 2 は正しいです。



選択肢 3 ですが
ダルテバリンは、ヘパリン類似薬です。
アンチトロンビン III の作用を増強し
セリンプロテアーゼ(トロンビンや、第Xa因子)の活性を抑制します。
トロンビン直接阻害薬では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
ダナパロイドは、ヘパリン類似薬です。
選択肢 3 と同様の理由で、誤りです。



選択肢 5 ですが
パルナパリンは、ヘパリン類似物質です。
選択肢 3 と同様の理由で、誤りです。



以上より、正解は 2 です。