問99-40 解説




問40 Bcr-Abl チロシンキナーゼを阻害し
抗悪性腫瘍作用を示す薬物はどれか。1つ選べ。

1 メトトレキサート  2 イマチニブ  3 ブレオマイシン
4 ゲフィチニブ  5 イリノテカン



選択肢 1 ですが
メトトレキサートは、免疫抑制剤です。
チロシンキナーゼ阻害薬では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
イマチニブは
Bcr-Abl チロシンキナーゼ阻害薬です。


選択肢 2 は正しいです。



選択肢 3 ですが
ブレオマイシンは
抗腫瘍抗生物質です。

金属イオンを補因子としてキレートし
分子状酸素を活性化することでフリーラジカルを作って
DNAを損傷すると考えられています。
チロシンキナーゼ阻害薬では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
ゲフィチニブ(商品名イレッサ)は
上皮成長因子受容体(EGFR)のチロシンキナーゼを
選択的に阻害する低分子抗がん剤です。
非小細胞肺がんに対する治療薬として使用されます。
チロシンキナーゼ阻害薬では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
イリノテカンは
DNAトポイソメラーゼ I を阻害して
抗悪性腫瘍作用を示す
抗腫瘍植物アルカロイドの一種です。
チロシンキナーゼ阻害薬では、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2 です。