問99 -155 解説




問155
痛みの治療に用いられる薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 トラマドールは
Ca 2+ チャネルを直接遮断して
グルタミン酸の過剰放出を抑制する。

2 フェンタニルは
ノルアドレナリンの再取り込みを促進して
下行性の痛覚抑制系を活性化する。

3 プレガバリンは
オピオイドμ受容体を刺激して
上行性の痛覚伝導系を抑制する。

4 メキシレチンは
Na + チャネルを遮断して
知覚神経軸索における興奮伝導を抑制する。

5 ゾルミトリプタンは
セロトニン 5-HT1B 及び 5-HT1D 受容体を刺激して
血管を収縮させる。



選択肢 1 ですが
トラマドール(トラムセット)は
μ 受容体刺激 及び
セロトニン・ノルアドレナリン 再取り込み阻害作用を
併せ持つ、コデイン類似の化合物です。
Ca2+ チャネルを直接遮断する薬ではありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
フェンタニルは
μ 受容体作動薬です。
ノルアドレナリンの再取り込み促進は
知られていません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
プレガバリン(リリカ)は
Ca チャネル α2σリガンド に分類される
GABA 誘導体です。
μ受容体を刺激する薬ではありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4,5 は正しい記述です。



以上より、正解は 4,5 です。