問99-151 解説




問151
生体内情報伝達をつかさどる
受容体に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 細胞膜受容体には
Gタンパク質共役型、イオンチャネル内蔵型及び
1回膜貫通型がある。

2 神経筋接合部に存在する
ニコチン性アセチルコリン受容体は
Gタンパク質共役型である。

3 血管内皮増殖因子(VEGF)受容体は
1回膜貫通型である。

4 心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)受容体は
イオンチャネル内蔵型である。

5 サイトカイン受容体は、核内に存在する。




選択肢 1 は、正しい記述です。
1回膜貫通型とは、チロシンキナーゼ関連受容体など
のことです。



選択肢 2 ですが
ニコチン性 アセチルコリン受容体(N 受容体)は
イオンチャネル型受容体です。
Gタンパク質 共役型では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、その通りの記述です。



選択肢 4 ですが
ANP 受容体は、1回膜貫通型です。
イオンチャネル内蔵型では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
サイトカイン受容体は、核内受容体ではありません。
細胞表面に存在します。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。