問99-152 解説




問152
アドレナリン作動薬の基本骨格に関する記述のうち
誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 基本骨格はフェニルエチルアミンである。

2 芳香環とアミノ基の間に炭素原子が3個存在する場合に
最も強いアドレナリン受容体刺激作用を示す。

3 アミノ基に結合しているアルキル置換基が大きいほど
アドレナリンβ受容体刺激作用が強い。

4 芳香環の3,4位にヒドロキシ基がつくことで
アドレナリンα及びβ受容体刺激作用は最大となる。

5 芳香環のヒドロキシ基がなくなると
中枢作用が強くなる。



選択肢 1 は、正しい記述です。
アドレナリン作動薬の基本骨格は
β-フェニルエチルアミン です。



選択肢 2 ですが
芳香環とアミノ基の間の炭素原子が 2 個の場合が
最も強いアドレナリン受容体刺激作用を示します。
3個では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい記述です。
アルキル置換基が大きいほど
アドレナリン β 作用が上がります。



選択肢 4 ですが、正しい記述です。
3,4 位の OH は、α 及び β 作用を増強します。



選択肢 5 は、正しい記述です。
ベンゼン環に置換基がない場合
COMT という代謝酵素の作用を受けず
中枢移行しやすくなることがわかっています。
つまり、中枢作用が強くなります。



以上より、正解は 2 です。