問99-153 解説




問153
眼に作用する薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ラニビズマブは
血管内皮増殖因子(VEGF)の働きを抑制し
脈絡膜の血管新生を抑制する。

2 イソプロピルウノブロストンは
アドレナリン α1 受容体を選択的に遮断し、
眼房水流出を促進する。

3 アプラクロニジンは
アドレナリン α2 受容体を刺激し、眼圧を低下させる。

4 ピロカルピンは
コリンエステラーゼを阻害し、瞳孔括約筋を収縮させる。

5 トロピカミドは
毛様体の炭酸脱水酵素を阻害し、眼圧を低下させる。



選択肢 1 は、正しい記述です。



選択肢 2 ですが
イソプロピルウノプロストン (レスキュラ)は
プロスタグランジン製剤です。

眼房水流出を促進させ、眼圧を低下させます。
BK(Maxi-K)チャネル作動薬です。
α1 選択的遮断薬では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい記述です。



選択肢 4 ですが
ピロカルピンは、コリン作動薬です。
コリンエステラーゼ阻害剤では、ありません。

ちなみに、コリンエステラーゼ阻害剤は
ネオスチグミンなどです。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
トロピカミド(ミドリン)は
抗コリン薬です。
炭酸脱水酵素阻害薬では、ありません。

ちなみに、炭酸脱水酵素阻害薬は
アセタゾラミドなどです。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。