問99-156 解説





問156
抗てんかん薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ガバペンチンは
γ-アミノ酪酸(GABA)トランスポーターを阻害して
シナプス間隙の GABA 量を増加させる。

2 クロバザムは
ベンゾジアゼピン受容体に結合し
GABA 作動性神経伝達を増強する。

3 スルチアムは
炭酸脱水酵素を阻害し
神経細胞の過剰興奮を抑制する。

4 フェノバルビタールは
神経細胞内へのCl流入を抑制し
神経細胞膜を過分極させる。



選択肢 1 ですが
ガバペンチンは、2つの作用機序により
効果を発現します。

Caチャネルα2σ リガンドとしての作用と
GABA トランスポータ活性化です。

GABA トランスポータ阻害では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 は正しい記述です。



選択肢 4 ですが
フェノバルビタールは
GABAA 受容体に結合し
GABA 神経系の活動性を高めることで
抗てんかん作用を示します。

この際、Cl流入は、促進されます。
Cl流入を抑制するわけでは、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。