問99-157 解説




問157
末梢循環を改善する薬物の作用機序に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 イソクスプリンは
血管平滑筋のアドレナリン β2 受容体を刺激する。

2 エポプロステノールは
血管平滑筋のプロスタノイド IP 受容体を刺激する。

3 力リジノケナーゼは
酵素作用によりキニノーゲンを産生させる。

4 タダラフイルは
血管平滑筋のグアニル酸シクラーゼを阻害する。

5 ボセンタンは
エンドセリン ET 受容体を選択的に遮断する。



選択肢 1,2 は正しい記述です。



選択肢 3 ですが
カリジノゲナーゼ(カルナクリン)は
キニノーゲンというタンパク質から
キニンを遊離させる薬です。
キニノーゲンを産生させるわけでは、ありません。

ちなみに、キニンは生理活性ペプチドの一種であり
平滑筋に直接作用して血管拡張作用を示します。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
タダラフィル(ザルティア)は
ホスホジエステラーゼ(PDE)5 阻害薬です。
グアニル酸シクラーゼ阻害薬では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
ボセンタンは、エンドセリン(ET)受容体拮抗薬です。

ET 受容体には、ETA 、ETB という
サブタイプがあります。

ボセンタンは、これらの受容体に対し
非選択的に作用します。
ETB 選択的遮断薬では、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。


ちなみに、ET 選択的遮断薬としては
ETA 選択的遮断薬のアンブリセンタン(ヴォリブリス)が
あります。共に、肺動脈性高血圧症の薬です。




以上より、正解は 1,2 です。