問99-159 解説




問159
肝臓疾患治療薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ラクツロースは
腸内細菌により分解されてアンモニアを生成し
血中アンモニア濃度を上昇させる。

2 インターフェロンは
種々の抗ウイルスタンパク質の合成を誘導する。

3 ラミブジンは
DNA卜ポイソメラーゼを阻害し
C 型肝炎ウイルスの増殖を抑制する。

4 エンテカビルは
DNAポリメラーゼを阻害し
B型肝炎ウイルスの増殖を抑制する。



選択肢 1 ですが
ラクツロースは、高アンモニア血症に用いる薬です。
腸管でのアンモニア吸収を抑制します。
血中アンモニア濃度を上昇させるわけでは、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい記述です。



選択肢 3 ですが
ラミブジンは、逆転写酵素阻害剤です。
DNA トポイソメラーゼ阻害薬では、ありません。
ちなみに、トポイソメラーゼ阻害薬としては
イリノテカンなどがあります。


よって、選択肢 3 は誤りです。




選択肢 4 は、正しい記述です。




以上より、正解は 2,4 です。