問99-161 解説



問161
糖尿病治療薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ミグリトールは
α-グルコシダーゼ阻害作用と
α一アミラーゼ阻害作用により
食後高血糖を抑制する。

2 グリベンクラミドは
血糖依存的にインスリン分泌を促進する。

3 ピオグリタゾンは
アディポネクチンの産生を高め
インスリン抵抗性を改善する。

4 メトホルミンは
AMP依存性プロテインキナーゼを抑制することにより
臓での糖新生を抑制する。

5 ミチグリニドは
スルホニル尿素(SU)構造を持たないが
豚β細胞のSU受容体に結合する。



選択肢 1 ですが
ミグリトール(セイブル)は
α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)です。
特徴として、α-アミラーゼ阻害作用はありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。


ちなみに、α-アミラーゼ阻害作用がある α-GI は
アカルボース(グルコバイ)です。

(α-アミラーゼが阻害されると
でんぷんが未分解のまま大腸に到達し
放屁などの、消化器症状の原因となります。)



選択肢 2 ですが
グリベンクラミドは、SU 薬です。
血糖非依存的 血糖降下薬です。


よって、選択肢 2 は誤りです。


ちなみに、血糖依存的な糖尿病治療薬としては
インクレチン関連薬(シダクリプチン(ジャヌビア)など)が
あります。



選択肢 3 は、正しい記述です。



選択肢 4 ですが
メトホルミンは、AMP 依存性
プロテインキナーゼ系をを活性化させます。
抑制では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい記述です。



以上より、正解は 3,5 です。