問99-162 解説




問162
血小板に作用する薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1  チクロピジンは
ADPの P2Y12 受容体を遮断することで
アデニル酸シクラーゼ活性を増強し
サイクリックAMP(cAMP)を増加させる。

2 シロスタゾールは
ホスホジエステラーゼⅢ を選択的に阻害し
cAMPを増加させる。

3 サルポグレラートは
セロトニン5-HT1 受容体を遮断し
細胞内カルシウムイオン濃度の上昇を抑制する。

4 オザグレルは
プロスタノイド TP 受容体を遮断し
細胞内カルシウムイオン濃度の上昇を抑制する。

5 ベラブロストは
プロスタノイド IP 受容体を刺激し
サイクリック GMP (cGMP)を増加させる。



選択肢 1,2 は正しい記述です。



選択肢 3 ですが
サルポグレラート(アンプラーグ)は
5 - HT2 遮断薬です。
5-HT 遮断薬では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
オザグレルは
トロンボキサン(TX)合成酵素阻害薬です。
プロスタノイド TP 受容体遮断薬では
ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
ベラプロスト(プロサイリン)は
PGI2 製剤です。
IP 受容体に作用し、cAMP 濃度を上昇させます。
cGMP では、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。