問99-163 解説




問163
非ステロイド性抗炎症薬及び
解熱鎮痛薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 セレコキシブは
シクロオキシケナーゼ(COX)-2を
選択的に阻害するため
血栓塞栓症のリスクは低い。

2 メフェナム酸は
成人ぜん息患者のぜん息発作を
誘発することはない。

3 アスピリンは
水痘やインフルエンザに感染している小児に
ライ(Reye)症候群を起こすことがある。

4 ロキソプロフェンは
消化管障害の軽減を目的としたプロドラッグである。

5 アセトアミノフェンは
COX-1及びCOX-2を阻害するため
消化管障害が多い。



選択肢 1 ですが
セレコキシブは
COX-2 選択的阻害薬です。
長期使用により、心血管系のリスクを
上昇させる可能性があります。
血栓塞栓症のリスクが低いとは、いえません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
メフェナム酸は
フェナム酸系、NSAIDs の一種です。
成人ぜん息患者のぜん息発作を
誘発することはない、とはいえません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい記述です。



選択肢 5 ですが
アセトアミノフェン(カロナール等)は
弱い COX 阻害作用を持つ解熱鎮痛薬です。
※消炎作用は、ありません。

NSAIDs と異なり、消化管障害が少ないことが
特徴です。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。