問99-164 解説




問164
感染症治療薬の作用機序に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 テイコプラニンは
リボソームの 50S サブユニットに結合し
タンパク質の合成を阻害する。

2 ジダノシンは
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の逆転写酵素を阻害し
HIVの増殖を抑制する。

3 テルビナフインは
スクアレンー2,3-エポキシダーゼを阻害し
真菌細胞膜成分の
エルゴステロールの生合成を阻害する。

4 フルシトシンは
ラノステロールC-14脱メチル化酵素を阻害し
真菌細胞膜成分の
エルゴステロールの生合成を阻害する。

5 リファンピシンは
ペプチドグリカン前駆体と結合し
細胞壁の合成を阻害する。



選択肢 1 ですが
テイコプラニンは
細胞壁合成阻害薬です。
タンパク質の合成を阻害するわけではありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。


ちなみに、代表的な
リボソーム 50S サブユニットに結合して
タンパク質合成を阻害する薬としては
マクロライド系抗生物質(クラリスロマイシン等)が
あります。



選択肢 2,3 は、正しい記述です。



選択肢 4 ですが
フルシトシンは
真菌細胞内で代謝され、5-FU となり
核酸合成を阻害する薬です。
エルゴステロールの生合成阻害薬では、ありません。



よって、選択肢 4 は誤りです。


ちなみに、記述は、アゾール系(イトラコナゾールなど)に
関するものと考えられます。



選択肢 5 ですが
リファンピシンは
DNA 依存性 RNA ポリメラーゼ阻害薬です。
細胞壁合成阻害薬では、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。