問99-253 解説




問253
37歳女性。
脂質異常症のため病院で以下の薬剤が処方されている。

(処方)
ピタバスタチンカルシウム錠2mg
1回1錠(1日1錠)
1 日1 回夕食後2 1 日分


この患者が、自宅で熱傷を負い緊急受診し
抗菌薬を投与されることとなった。
担当医師より抗菌薬の選択について問い合わせがあった。

ピタバスタチンカルシウム錠との併用において
薬物動態上、注意を要する抗菌薬はどれか。
1つ選べ。

1 レポフロキサシン水和物
2 クリンダマイシン塩酸塩
3 エリスロマイシンステアリン酸塩
4 セフカペンピボキシル塩酸塩
5 アジスロマイシン水和物




選択肢の中で
ピタバスタチン(リバロ)錠との併用において
肝臓への取り込みが阻害されることにより

(OATP1B1 (トランスポーターの一種)による
リバロの血中→肝臓への取り込み を
エリスロマイシンがトランスポーターを阻害することによる
取り込み阻害 とのこと。)

急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症の
おそれがあるとされているのが
3 のエリスロマイシン です。



よって、正解は 3 です。