問99-256 解説




問256
80歳女性。
軽度のアルツハイマー型認知症と診断され、ドネペジル塩酸塩
(5mg/日)で内服治療を続けてきた。
認知症が進行し、10mg/日に増量しても効果が認められなかった。
そのため医師より中等度から高度アルツハイマー型認知症
適応をもつ併用可能な薬剤の相談を受けた。


推奨すべき薬剤の成分はどれか。1つ選べ。
1 ガランタミン臭化水素酸塩
2 リバスチグミン
3 メチルフェニデート塩酸塩
4 メマンチン塩酸塩
5 アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物



中等度から高度アルツハイマー型認知症の
適用をもつ薬剤は
メマンチン(メマリー)です。


よって、正解は 4 です。



ちなみに、選択肢 1 ですが
ガランタミン(レミニール)は
軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症
に用いられる薬です。


選択肢 2 ですが
リバスチグミン(イクセロン、リバスタッチ)は
経皮吸収型の、アルツハイマー病治療薬です。
軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症
に用いられる薬です。



選択肢 3 ですが
メチルフェニデート(リタリン、コンサータ)は
ナルコレプシー(病的眠気)や
注意欠陥/多動性障害(ADHD)
に用いられる薬です。



選択肢 5 ですが
アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物(アデホスなど)は
めまいなどに用いられる薬です。