問99-257 解説




問257
80歳女性。
軽度のアルツハイマー型認知症と診断され
ドネペジル塩酸塩(5mg/日)で
内服治療を続けてきた。

認知症が進行し、10mg/日に増量しても効果が認められなかった。
そのため医師より中等度から高度アルツハイマー型認知症
適応をもつ併用可能な薬剤の相談を受けた。



前問で推奨された成分の作用機序として
正しいのはどれか。1つ選べ。

1 脳エネルギー代謝の賦活
2 アセチルコリンエステラーゼの可逆的阻害
3 ニコチン性アセチルコリン受容体の刺激
4 グルタミン酸NMDA受容体の非競合的遮断
5 ブチリルコリンエステラーゼの可逆的阻害


メマンチンの作用機序は
グルタミン酸 NMDA 受容体の
非競合的遮断です。


よって、正解は 4 です。



ちなみに、本問患者が服用していた
ドネペジルの作用機序は
選択肢 2 の
アセチルコリンエステラーゼの可逆的阻害です。