問99-258 解説




問258
30歳男性。
会社内昇格人事で1年前に営業職のリーダーを命じられた。
リーダーとしての仕事に順応できず
ストレスを抱え、入眠困難、食欲低下が半年続いた。
今回かかりつけのクリニックを受診し、軽症のうつ病と診断された。
主治医より、治療薬について問い合わせがあった。



主治医に推奨すべき薬剤の成分はどれか。
2つ選べ。

1 パロキセチン塩酸塩水和物
2 クロザピン
3 イフェンプロジル酒石酸塩
4 ミルタザピン
5 ラモトリギン



選択肢 1 は、正しい選択肢です。

パロキセチン(パキシル)は、SSRI です。
セロトニンの再取り込みを行うトランスポーターを
選択的に阻害します。抗うつ薬の一種です。

軽症のうつ病と診断された本問患者への
推奨すべき薬剤の成分として適切であると
考えられます。



選択肢 2 ですが
クロザピン(クロザリル)は
治療抵抗性統合失調症の治療薬です。

軽症のうつ病と診断された本問患者への
推奨すべき薬剤の成分としては
不適切であると考えられます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
イフェンプロジル(セロクラール)は
脳梗塞後遺症(や、それに伴うめまい)に
用いる薬です。

軽症のうつ病と診断された本問患者への
推奨すべき薬剤の成分としては
不適切であると考えられます。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。

ミルタザピン(リフレックス、レメロン)は
NaSSA (ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬)
に分類される抗うつ薬の一種です。

シナプス前の α2 受容体の阻害を介して
中枢のノルアドレナリン、セロトニンの
神経伝達を増強します。

又、5-HT2、5-HT3 受容体を阻害することで
選択的に 5-HT1 受容体を活性化します。

軽症のうつ病と診断された本問患者への
推奨すべき薬剤の成分として適切であると
考えられます。



選択肢 5 ですが
ラモトリギン(ラミクタール)は
てんかんの予防や、双極性障害に
用いられる薬です。

軽症のうつ病と診断された本問患者への
推奨すべき薬剤の成分としては
不適切であると考えられます。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。