問99-260 解説




問260
68歳男性。
10年前より、糖尿病の治療を継続中である。
定期検診時に随時尿の
尿中アルブミン/クレアチニン比が 350 mg/g であった。
本日の診察時の血圧は 150 / 95 mmHg であり
高血圧治療のためロサルタンカリウム錠 25 mg が追加となった。


この患者にロサルタンカリウム錠が追加された理由
及びその使用上の留意点について誤っているのはどれか。
2つ選べ。

1 腎動脈狭窄のある患者へも安全に使用することができる。
2 タンパク尿を伴う2型糖尿病の糖尿病性腎症に適応がある。
3 血清カリウム値を確認する必要がある。
4 血清クレアチニン値の経過を確認する必要がある。
5 血糖値が上昇する可能性がある。



選択肢 1 は、正解です。
使用上の留意点について、誤っています。


ロサルタン(ニューロタン)は
ARB (アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬)です。


ARB や ACE 阻害薬は
腎保護機能があるといわれます。
腎保護を担う、1つの大きな機能は
糸球体内圧の減少です。

ARB や ACE 阻害薬を投与すると
糸球体における輸入、輸出の両動脈を
拡張させます。
この際、輸出側の動脈に薬が強く作用します。

その結果、糸球体の中の血がより輸出されることで
内圧が下がります。
(下図イメージ参照)
ところが、腎動脈狭窄(つまり、糸球体動脈も狭窄)時は
そもそも腎臓への血液流入が減少しています。

そのため、ARB の使用により
さらに血流が減少し、腎機能がむしろ悪化することが
あります。

このため、両方の腎臓が狭窄している場合は
ARB は使用禁止です。

片方の腎臓のみの狭窄については
腎機能に注意しつつ使用されることもあります。


どちらにせよ、安全に使用できるという記述は
誤りです。



選択肢 2 ~ 4 は、正しい選択肢です。
使用上の留意点について正しいです。
(つまり、本問の正解では、ありません。)



選択肢 5 は、正解です。
使用上の留意点について、誤っています。


ARB の副作用として
まれにおける低血糖が知られています。
つまり、留意すべきは、血糖値の低下です。
血糖値の上昇の可能性では、ありません。



以上より、正解は 1,5 です。