問99-261 解説




問261
68歳男性。
10年前より、糖尿病の治療を継続中である。
定期検診時に随時尿の
尿中アルブミン/クレアチニン比が 350 mg/g であった。
本日の診察時の血圧は 150 / 95 mmHg であり
高血圧治療のため
ロサルタンカリウム錠 25 mg が追加となった。


ロサルタンに関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 主代謝物(カルボン酸体)も
アンギオテンシンⅡAT1受容体を遮断する。

2 アルドステロンの産生を促進する。

3 腎の輸出細動脈を拡張させて
糸球体内圧を低下させる。

4 グルカゴンの分泌を促進する。

5 ブラジキニン分解酵素(キニナーゼⅡ)を阻害する。



選択肢 1 は、正しい選択肢 です。



選択肢 2 ですが
ロサルタンは ARB です。
アンギオテンシン受容体(AT1 受容体)
を遮断することで
アルドステロン産生を抑制します。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
(前問解説 参照)



選択肢 4 ですが
グルカゴンの分泌を促進させるという作用は
知られていません。


よって、選択肢 4 は誤りであると
考えられます。



選択肢 5 ですが
キニナーゼⅡというのは
ACE のことです。
つまり、ACE 阻害薬に関する記述です。

ARB であるロサルタンは
キニナーゼⅡを、阻害しません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。