問99-262 解説




問262
64歳男性。
大腸がんのため腫傷摘出手術を受けた。
その後、外来にて
オキサリプラチン・カペシタビン療法を
半年間続けている。



処方された抗悪性腫傷薬の
作用機序として正しいのはどれか。2つ選べ。

1 微小管を安定化し
細胞分裂を抑制する。

2 DNA鎖に架橋を形成し
DNA複製を阻害する。

3 血管内皮増殖因子(VEGF)を阻害し
血管新生を抑制する。

4 生体内で5-フルオロウラシルに変換され
DNA合成を阻害する。

5 ジヒドロ葉酸還元酵素を阻害し
プリン生合成系を抑制する。



オキサリプラチン(エルプラット)は
白金製剤の一種です。
アルキル化剤です。

DNA に架橋を形成することで
DNA 合成を阻害する薬です。



カペシタビン(ゼローダ)は
代謝拮抗薬の一種です。

肝臓及び腫瘍細胞で代謝を受け
5-FU へと代謝活性化されて
効果を示します。


以上より、正解は 2,4 です。




ちなみに
選択肢 1 の作用機序を持つのは
ドセタキセルなどの
タキサン系の抗がん剤です。


又、選択肢 3 の作用機序を持つのは
ベバシズマブ(アバスチン)のような
抗 VEGF 抗体です。


選択肢 5 の作用機序を持つのは
メトトレキサートのような
葉酸代謝拮抗薬です。