問99-264 解説




問264
60歳男性。
肺がん治療のため
シスプラチンとエトポシドの併用療法と
放射線治療を行う予定である。

主治医より制吐薬に関する
問い合わせがあった。


薬剤師としての回答内容について
誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 放射線照射に伴う悪心・嘔吐には
グラニセトロンが有効である。

2 急性悪心・嘔吐には
グラニセトロンが有効である。

3 遅発性悪心・嘔吐には
アプレピタントが有効である。

4 予測性の悪心・嘔吐には
ロラゼパムが有効である。

5 グラニセトロンとアプレピタントは
併用できない。



選択肢 1,2,3,4 はその通りの記述です。


グラニセトロン(カイトリル)は
5-HT3 受容体拮抗薬です。

抗がん薬投与後の、即時型の吐き気に
著効します。
予防的に、抗がん薬の投与前に服用することが
一般的です。


アプレピタント(イメンド)は
選択的 NK1 受容体拮抗型制吐薬です。
急性期だけでなく、遅発性の嘔吐にも有効です。


予測性の嘔吐とは
抗がん剤のことを考えただけで
吐き気・嘔吐が出るという症状です。
ロラゼパム(ワイパックス)などの
抗不安薬が有効です。



選択肢 5 ですが
グラニセトロンとアプレピタントの併用は
よくある組み合わせです。
併用できないわけでは、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。




以上より、正解は 5 です。