問99-265 解説





問265
60歳男性。
肺がん治療のため
シスプラチンとエトポシドの併用療法と
放射線治療を行う予定である。
主治医より制吐薬に関する
問い合わせがあった。


嘔吐を抑制する薬物の作用機序に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 グラニセトロンは
求心性迷走神経終末の
セロトニン 5-HT 受容体を遮断する。

2 アプレピタントは
中枢神経系の
タキキニン NK 受容体を遮断する。

3 アプレピタントと同様の
制吐作用機序を持つ薬物として
ジメンヒドリナートがある。

4 ロラゼパムは
中枢神経系のドパミン D 受容体を刺激する。

5 ロラゼパムと同様の
制吐作用機序を持つ薬物として
アルプラゾラムがある。



選択肢 1 ですが
グラニセトロンは、5-HT 受容体拮抗薬です。
5-HT 受容体遮断薬では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。



選択肢 3 ですが
ジメンヒドリナートは、H1 受容体拮抗薬です。
抗がん薬による治療の際に、制吐薬として
しばしば用いられます。
しかし、アプレピタントと同様の機序ではありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。




選択肢 4 ですが
ロラゼパム(ワイパックス)は
ベンゾジアゼピン系抗不安薬です。
D2 受容体刺激作用はありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 はその通りの記述です。
ロラゼパム、アルプラゾラム共に
ベンゾジアゼピン系の薬です。



以上より、正解は 2,5 です。