2013.10月分



◆2013.10.29◆

国際化、多様性といった言葉が踊る中で
大学生と接する機会が多いので実感するのは
同じ大学の、他学部生と、ですら
全くといっていいほど交流がない、ということ。


公務員試験をきっかけに、他学部との交流の機会が
何度か生まれる瞬間に立ち会うことができて
すごく、学部間交流って、意義があるって感じている。


一番、身近な、異文化だから。


そういうチャンスを全く使わずに
留学だとか、インターンだとか大流行で
環境の使い方は、本当に難しいものだと
ふと思ったのでした~

(kazupiko)



◆2013.10.25◆

メリルストリープさんの出演映画を
全て見てみたいな。
→デヴィッド・フランケル監督 の映画を全て見てみたいな。

↑ と思うようになったきっかけが
31年目の夫婦げんか の記事

以下、引用

・簡単にあきらめないことです。
とくに若い人は、いますぐ問題を解決したがる。
今日、幸せじゃなかったら、もういい――というふうに
我慢が足りない気がします。

・結婚はドアのない部屋に入るようなもの。
簡単に部屋から出られない。
問題が起きたら、何とか解決しようと努力しなければいけない。

・長年連れ添った夫婦は「話さなくても分かりあえる」というけど
長くいっしょにいるからこそ、それが当然になって、相手を思いやれなくなる。
付き合い始めたころを思い出して。
相手が喜ぶことを何でもしてあげたでしょう? 
いつも思いやることが大切。
夫婦関係を良好にするには、お互いの努力が必要です。

引用、終わり


これを受けて、ふと考えたのは
もしも、僕が映画を作るなら
主題は
「どうしても伸びてしまう性質、能力と
どう、うまく付き合っていくのか」
「偶然の出会い、自分の変化」
なんだろうなぁ。。。ということでした。

(kazupiko)



◆2013.10.22◆

が 10/15 日にデビュー。

絶対、乗りたい。
早く、みんなで行けるように、なりたいっ!
頑張るぞ~♪♪


鉄道関連の情報が、ひとまとめになっていたら
面白いと思ったら "テツの広場"があった。
まとめるって、やっぱ楽しい!

(kazupiko)



◆2013.10.18◆

THE PAGE」というニュースサイトが
面白い。

この記事から知ったんだけど
「ニュース編集」という仕事の
奥深さを実感する。

ふと、考えてみれば、この今日の一言も
世の中にあふれるニュースを
独自の視点で編集しているともいえる。

情報のキュレーションという単語を
たまに見聞きするようになったのはいつ頃からだったっけ
と思い、昔読んだ記事
思い出した。

時間を何に活用するのか、選択することが
とても大切だなぁ。。。

(kazupiko)



◆2013.10.15◆

「理系の名著」

ノーベル賞シーズンにあやかって、「世界がわかる 理系の名著」という本を読んでいます。
この本は、生命・環境・物理・地球の4分野から3,4人ずつの偉人を取り上げ、その人の著書を紹介する本です。
例えば、ダーウィンの「種の起源」、ワトソンの「二重らせん」、カーソンの「沈黙の春」などがあります。
(生命、環境、物理、地球ときて、化学がないのがちょっと残念…)

この本の読みやすいところは、14人の偉人(14冊の名著)について、
 「書いたのはこんな人」
 「こんなことが書いてある」
 「その後、世界はどう変わったか」
 「エピソード」
という風に、同じ型にはめて紹介してくれているところです。

この本に載っているそれぞれの原著は、結構内容的に重そう(難解そう)なものが多いので、
こんな感じでコンパクトにまとめてくれていると嬉しいです。
1冊の本で100冊くらいの書を紹介している本もありますが、
それだと1冊あたり2~4ページくらいしかなくて、読んでもあんまり印象が残らなかったりすることがあります。
そう思うと、1冊で14人というのは、まとめ本としてはちょうど良い分量でした。

今度、この中から何冊かの原著を読んでみようと思います。
今のところ、メンデルの「雑種植物の研究」、ハッブルの「銀河の世界」あたりが気になっています。
読書の秋…♪

(ICO)



◆2013.10.11◆

読解力の分野で日本が1位など
好評価を得たとのニュースがあったので
問題(例題)を見てみた。
面白い問題だなぁ。。。


ちなみに、試されるのは
読解力、数的思考力、ITを活用した
問題解決能力の3つとのことでした。


(kazupiko)



◆2013.10.11◆

ノーベル化学賞は
コンピュータシミュレーション分野からでした!
本当に、ノーベル賞の歴史は科学の歴史だなぁ。。。

(kazupiko)



◆2013.10.08◆

ノーベル賞発表の時期!
医学生理学では
『小胞輸送に関する研究』
が受賞~。
他はどんな研究なんだろう??

(kazupiko)


そして、物理学はヒッグス粒子!
日本では、つい今夏に国際リニアコライダー(ILC)の候補地を東北の北上山地にするという決定をしましたが、
これには、お金が掛かるわりには成果があまり期待できないんじゃないか…など、ネガティブな声も多く上がっていました。
ぜひ日本にILCの建設を!と思っていた推進派の人にとっては、ヒッグス粒子のノーベル賞受賞が国内誘致推進の後押しになるかもしれません。
もちろん、他国の候補地でも同様に、誘致活動が過熱するのかもしれませんが…。
金勘定のことは良くわかりませんが、やっぱり日本で世界に誇れる研究が行われるというのは、心躍ります。

ノーベル賞は、明日、化学賞の発表があって、これで自然科学分野が出揃います。 楽しみ…♪

(ICO)



◆2013.10.04◆


タイトルでググったら、今の時期だけかもしれないけど
全文が読めた。

化合物が、極めて小さい上に
すごく簡単な構造。。。
素朴に、何で今まで見つからなかったんだろう。。。
と感じた。

(kazupiko)



◆2013.10.01◆

おもしれ~!

着々と、本という形態と、デジタルデータの本という形態の
互換が、簡単になってきている!

(kazupiko)←管理人のハンドルネームです。「esuhisa」「kazupiko」「ICO」のどれかが入ります!