2013.12月分



◆2013.12.28

「セルフメディケーションへの移行措置?」

来年度から、医者でうがい薬だけを処方してもらうとき、保険適用外になりそうです。
(記事へのリンクはこちら。毎日新聞のサイトです。

これには、ほかの薬(解熱剤など)と一緒にうがい薬を処方された場合は含みません。
あくまで、うがい薬だけをもらうときに、全額自己負担になるということです。
要するに、うがい薬のみの処方で済むような症状なら、
わざわざ医者に行かずドラッグストアで薬を買ってください…ということ主旨のようです。

記事によると、これで医療機関で受診する人が減り、国費が61億円ほど削減できると見込んでいます。
確かに、医者に行ってイソジンやトローチ(これはうがい薬ではありませんが…)だけをもらってくるのは、
なんだか、上手な医者との付き合い方とは云えないような気がします。
ドラッグストアで買うよりも安いけれども…長い時間待たされたり、他の患者さんから菌をもらったりするリスクを考えると、
どうなんだろう…と思っちゃいます。

もちろん、喉の痛みがあって、一応はお医者さんに見てもらわないと不安…という声もありそうですが、
そのような場合はドラッグストアの薬剤師さんに相談してくれればいいと思います。
診療はできないけれど、どの薬が良いか、もしくは医療機関に行ったほうが良いか、
そのようなアドバイスならできますし、それが薬剤師との正しい付き合い方かなぁ…と。

国費の削減もさることながら、このような措置で医者の待ち時間が減り、
ひいては薬局の待ち時間も減ると、患者さん達の満足度は向上するはずです。
個人的には、医療費抑制よりも、この待ち時間解消のほうに期待しています…♪

まぁ…フタを開けたらどうなるのかわかりませんが、ちょっと気になるニュースでした。

(ICO)



◆2013.12.27

葉隠の一節と、どこかの記事で紹介されていた
「忙しい時に態度が悪くなるのは
下人のようで品がなく、、、」のくだりを読んで
いつの時代も、本当に、みんな同じように
悩んだり感じたりしていたものなのかも。。。
と感じたところで

「はて、葉隠って、宮本武蔵・・・?」
→江戸時代、山本常朝さんの考え、とのことを知る。
→全文が、すごい長いことをしる
千夜一夜物語で紹介されていることをしる。
編集がすごくうまいという研究者の指摘 ⇐こういうの研究している人ってすごい!誰だろう・・・?
→「御側」という立場があることを知る ⇐現代の経営に、日本の歴史を活かすとしたら、こういうポジションの導入とかでは?
→千夜一夜物語の他の話をちらっとみて
アメリカで躍進中のビジネスニュースサイト
クオーツ(QUARTZ)」の存在を知る


と、知らないことに、色々出会えた♪


(kazupiko)



◆2013.12.23

省庁+レポート で調べると
よくまとまったものが見れる!


印紙税について調べる機会があって
印紙税の課税回避に関する
触れる機会がありました。


国税庁のHPにあったので
色々見ていたら
国税庁レポート というものを発見し
(リンク先は 2013 年)
よくまとまっているなぁ!と思った所
他の省庁名+レポートでも
色々出てくることがわかったので
レポートまとめました なんてのも
面白いのかも。。。

(kazupiko)



◆2013.12.20

糖尿病疑いがある人の数が
統計開始の1997年以来
初めて減少に転じたと
厚生労働省の 
2012 年 国民健康・栄養調査 (リンク先は、結果の概要)
により発表された。


統計をとるって、本当に大切だなぁ。。
統計にアクセスできるのは、本当に有益だなぁ。。


意外だったのが
女性の飲酒習慣の統計。
ここ10 年ぐらい、あんまり変わっていない。
こんなに世の中変わっているのに。


う~ん・・・、白書・統計まとめました
を作ることになるんだろうなぁ。。。


(kazupiko)



◆2013.12.16

新薬スーグラ
’(一般名:イプラグリフロジン。
◯◯グリフロジンだと、この仲間みたい。
構造は、以下のイメージ。

糖を選択的に輸送する SLGT というトランスポータが
ターゲットなだけあって
OH基が多く、かつ、6員環のO入りが目につく!
この部分は、つまりグルコースだよね・・・?

後は、マジックフッ素がついているのは
合成の歴史を垣間見るなぁ。。。



より。


が承認される。

糖尿病に対する治療の選択肢が
又1つ増えることになるんだなぁ。。


(kazupiko)



◆2013.12.15

「図が表示されない?」

皆さん、こんばんは。
気づけば12月も早15日。
ふたご座流星群もピークを過ぎ(僕は見てないけれど…)、いよいよ年末らしくなってきました。
今年はカレンダーの並びが相まって、年末年始は9連休…♪
まだ何をするか具体的には決めていませんが、有意義な暇つぶしができるといいなぁ…と、今から楽しみです。

ところで、話は変わりますが…どうやら、このサイトの中で、図が壊れていて表示されないといった事象が頻発しているようです。
原因はよくわからないのですが…とりあえずここ数日、少しずつ修正作業をしているところです。
図が見られずに不便を感じてる方には申しわけないのですが…順番に直しているので、しばらくお待ちください。

けれど、すぐに図を見る方法もあります。
このサイトはグーグルサイトを使って作っているのですが、グーグルアカウントにログインした状態だと、図を見ることができます。
もしGmailを持っている方は、ログインした状態でこのサイトをご覧ください。

…とはいえ、別にグーグルアカウントを持っているヒト向けに作ったサイトでは全然ないので、
どなたでも見られるよう、ちゃんと直していきます。

目安は年内かなぁ…それまでに今回のトラブルを解消して、すっきりした気分で新年を迎えたいです。
年が明けたらいよいよCBTや国試も目の前に迫ってくるので、このサイトが足を引っ張ったら不本意ですもんね。

さぁ、やるぞー!
それはそれとして、コンテンツも増やしていきたいなぁ…!!

(ICO)



◆2013.12.13

面白い!


「オロナインの広告を考えて」
って言われた時に
こういう発想ができるかって考えると
広告のお仕事って、面白いなぁ。。。

(kazupiko)



◆2013.12.09

かっこいい~!


こういう作品を
形は違えど、作っていきたいな~☆

(kazupiko)



◆2013.12.06

パラグアイのリサイクルオーケストラ
すごいなぁって思った。


少し関係は薄くなるけど
連想したこととして

同じ材料から
どんな情報を受け取ることができるかは
受け取り手に、依存する。」


「わかっている、と思っていることについて
疑うことを忘れない、ということが
変化の必要条件なんだなぁ。」


「目の前の『自然』と
どんなイメージを、同型対応させて理解しているのか
について、再帰的に思いを巡らすということが
発見の楽しみへの道なんだろうなぁ。

→自分について振り返ることを意識的に行う重要性、、、
→とはいえ、逆に意識を無に近づける方向で
無意識的に自分を振り返ってくれるのが、自然。。。

意識的に、自分を振り返らないようにしているのが、社会生活。。
とはいえ、意識的にも、自分を振り返ることができる。。。

→自分を振り返る、という行為においても
中庸は大切だなぁ。。。

と、ふわふわ連想~。

(kazupiko)



◆2013.12.03

Z会が今度開催する
面白くって、時間どろぼう度が高い。


ゲームは、深い所まで知らないと
面白みがわからないことがある
というのを、今回改めて感じた。


ゲームは、自分が楽しめる所で
熱中することができるかが
楽しみ方のコツであると感じる。


楽しいゲームに、段々と熱中して、深みにはまっていったら
いつの間にか色んな物を得ていたというのが
理想的な教育の1つなのかなぁ。。


(kazupiko)



◆2013.12.02

公設試験研究機関

お台場に東京都立産業技術センターという施設があります。
この施設は、中小企業に技術支援をするために設立された公設試験研究機関です。

…といってもよくわからないので、もっとざっくりとしたお話をします。
以下は僕がここのホームページを見ていて知ったことや感じたことなので、もしかしたら語弊があるかもしれません。

たとえば、化学系の研究をしている中小企業では、土地や資金の問題から、NMR分析装置を持つことはできません。
うまくやれば大学との共同研究(産学連携)などによって大学の設備を使うこともできるかもしれませんが、普通はなかなかそうもいきません。
そのような場合に、この施設が活躍します。
ある程度のお金を払えば、化学試験や電気試験、精密測定、材料試験などなど…自前ではやれないようなことをやってくれます。
そのうち、たぶん、3Dプリンターなんかも置かれるんじゃないかと思います。

そして僕が特に気になったのは、この施設は何も中小企業だけではなく、個人でも受け付けてくれるということです。
(ただし、個人だと、中小企業に比べてちょっと割高ですけど…
ということは、自宅でちょっとした実験をして(もちろん、毒劇物や諸々の法律に触れない範囲で)、
その結果をここで確認(分析)する、ということができるわけです。
少しの追加料金で、測定結果の証明書も出してもらえるので、例えば論文を投稿する際の資料にもなります。

冒頭の施設は東京都の中小企業が主な支援対象ですが、千葉にも産業支援技術研究所があったり、
京都にも中小企業技術センターがあったりと、各所で精力的にこのような事業が展開しているようです。

なんというか、本当に、動きたいヒトにとっては動きやすい時代になりつつあるんだなぁ…という印象です。
今まではたぶん、強い集団とか大きな組織とかに属さないとできなかったことが、一人もしくは数人でも充分に成せるような気がします。

もちろん、集団には集団の強みというものもあるんだと思いますが、正解である選択肢が増えて、
個人個人の特性に合った道に進めばよい、という社会になるのは、とても良いことに思えます。

YAKU-TIK も3人だけの弱小チームですが、個に優しくなってきている時代の流れに乗っかって、よりよく成長していけたらと願っています。

(ICO)



◆2013.12.01◆

いよいよ今年もあと、ひと月です。

やり残していることを、一つずつ片づけていかなきゃ。


(ICO)←管理人のハンドルネームです。「esuhisa」「kazupiko」「ICO」のどれかが入ります!