3-8 2) 代表的な生体内アミンの構造




アドレナリンやアセチルコリンなど、生体内には重要なアミンがたくさんあります。
この項では、それら生体内アミンの構造を紹介していきます。


◆カテコールアミン◆

カテコールアミン(カテコラミン)とは、カテコール骨格を持つ化合物群のことで、
代表的なものにドーパ(レボドパ)やドパミン、アドレナリンやノルアドレナリンがあります。
これらはいずれもアミノ酸のチロシンから生体内で合成され、神経伝達物質として働きます。

    

    



◆その他の生体内アミン◆

カテコールアミン以外の生体内アミンとしては、神経伝達物質のアセチルコリンやセロトニン(5-HT)、
アレルギー反応に関与するヒスタミン、概日リズムに関与するメラトニンなどがあります。