生化学まとめました(2)




1 細胞を構成する分子




2 生命活動を担うタンパク質


         6) 酵素の活性測定 (技能)



3 生体エネルギー


         1) ATP
         2) 解糖系

         2) 糖新生
         3) 飢餓状態のエネルギー代謝
         4) 余剰のエネルギーを蓄えるしくみ
         5) 食餌性の血糖変動について
         6) インスリンとグルカゴンの役割
         7) 糖から脂肪酸への合成経路
         8) ケト原性アミノ酸と糖原性アミノ酸

4 生理活性分子とシグナル分子

     4-1 ホルモン
         1) ペプチド性ホルモン
         2) アミノ酸誘導体ホルモン
         3) ステロイドホルモン
         4) 代表的なホルモン異常による疾患

     4-2 オータコイド
         1) エイコサノイド
         2) 代表的なエイコサノイドとその生合成経路
         3) 代表的なエイコサノイドとその生理的意義(生理活性)
         4) 主な生理活性アミン(セロトニン、ヒスタミンなど)の生合成と役割
         5) 主な生理活性ペプチド(アンギオテンシン、ブラジキニンなど)の役割
         6) 一酸化窒素の生合成経路と生体内での役割

     4-3 神経伝達物質
         1) モノアミン系神経伝達物質
         2) アミノ酸系神経伝達物質
         3) ペプチド系神経伝達物質
         4) アセチルコリンの生合成経路、分解経路、生理活性

     4-4 サイトカイン・増殖因子・ケモカイン
         1) 代表的なサイトカインとその役割
         2) 代表的な増殖因子とその役割
         3) 代表的なケモカインとその役割

     4-5
         1) 細胞内情報伝達に関与するセカントメッセンジャーおよびカルシウムイオンなどについて
         2) 細胞膜受容体からGタンパク系を介しての情報伝達経路
         3) 細胞膜受容体タンパク質などのリン酸化を介した情報伝達経路
         4) 代表的な細胞内(核内)受容体