6) 酵素の活性測定




酵素の活性測定を実際に測定する時には
基質と生成物を区別する測定方法が必要です。
実際には、吸光度測定がよく用いられます。


基質濃度をある程度の範囲でふって
それぞれの基質濃度における反応速度を測定することで
反応速度論の知識を用いて
ラインウェーバー・バークプロットを書くことで
Km や Vmax といった、酵素のパラメータを
得ることができます。


代表的な実験のいくつかを参考として
紹介しておきます。