4) 電子伝達系(酸化的リン酸化)




電子伝達系とは
好気呼吸の最後の段階です。
ミトコンドリアの内膜(クリステ)で行われます。


これまでの過程で生成された
NADH や FADH2 の電子が
酸素に受け渡されて H2O になります。


この系と共役する酸化的リン酸化と呼ばれる過程により
1モルの NADH から2.5 モルの ATP と
1モルの FADH2 から1.5 モルのATPが
生成されます。


これらの ATP は
内膜において発現している
複合体 I、 III、IV を経由し
その過程において
H+ がマトリックスから内外膜間腔に
汲み出されることにより生じる H+ の濃度勾配を
駆動力として作用する
ATP シンターゼ複合体により生成されます。


イメージは、下図になります。






前の項目へ      目次へ      次の項目へ