1) グリコーゲンの役割




グリコーゲンとは
グルコース が、たくさんつながった高分子です。
イメージは、下図になります。


グリコーゲンは、グルコースの貯蔵を担っています。
肝臓や筋肉中に多く存在します。


グリコーゲンについて重要なポイントは 2 点あります。
すなわち、グリコーゲンから、グルコースを分解する過程と
グルコースからグリコーゲンを合成する過程 です。


1 【 グリコーゲン → グルコース 】 について

ポイントは
3つの酵素が、反応を段階的に進行させる 
という点です。

すなわち
(1) グリコーゲン + Pi(無機リン酸)  → G1P (酵素:ホスホリラーゼ)
(2) G1P → G6P (酵素:ホスホグルコムターゼ)
(3) G6P → グルコース (酵素:ホスファターゼ)
の3段階です。


ちなみに
ホスホリラーゼ とは
化合物のリン酸化を進行させる酵素の総称です。
※ 化合物 + 無機リン酸 の反応に限る。
化合物 + ATP(有機リン酸の一種)等 
を進行させる酵素はキナーゼ。


ムターゼ とは
ある分子の中の官能基を
同一分子中の、別の場所に移動させる酵素の総称です。

mutase → mutation : 変異 と連想すると
イメージをつかみやすいと思います。


ホスファターゼとは
リン酸エステルを加水分解する酵素の総称です。
リン酸を外す酵素と考えると、イメージをつかみやすいと思います。



2 【グルコース → グリコーゲン】 について

ポイントは
合成が大きく 3 段階のステップを繰り返す 
ということです。


まず
グルコースの活性型たる 
UDP - グルコース が
グルコースと、UTP から作られます。
※ ATP の、A の部分が U に変わった化合物が UTP です。

次に
グリコーゲンシンターゼ という酵素が
グリコシル残基を、1-4 結合 で伸長させます。
「1-4結合で伸長」=「まっすぐグルコースをつなげる」と
考えればよいです。

最後に
グルコース鎖がある程度伸びたら
分枝鎖酵素によって、切り取って
1-6 結合で枝分かれさせてくっつけます。
「1-6結合でくっつける」=「途中から枝分かれさせて、つなげる」と
考えればよいです。


これら 3 つの過程を繰り返すことで
巨大分子 グリコーゲンが合成されます。