3) ステロイドホルモン


ステロイドホルモンは、ステロイド骨格を有するホルモンです。ステロイド骨格とは、フェナントレン(3つのベンゼン環が連なった構造)に、シクロペンタンがくっついたような骨格です。6,6,6,5 の環が連なる構造に似ていたらステロイド骨格と考えてよいです。


代表的ステロイドホルモンは、副腎皮質ホルモンと性ホルモンです。副腎皮質ホルモンは大きく糖質コルチコイド、鉱質コルチコイド、副腎性男性ホルモンに分類されます。性ホルモンは大きく男性ホルモンと女性ホルモンに分類されます。



副腎皮質は、外側から被膜→球状層→束状層→網状層と呼ばれます。球状層から鉱質コルチコイドが分泌されます。束状層から糖質コルチコイドが分泌されます。網状層から、副腎性男性ホルモンが分泌されます。


鉱質コルチコイドの代表例はアルドステロンです。アルドステロンの作用は血圧上昇、尿細管における Na+、H2O 再吸収促進です。


糖質コルチコイドの代表例はコルチゾールです。血糖上昇、抗炎症作用などを有します。過剰症がクッシング症候群、欠乏症がアジソン病です。


副腎性男性ホルモンの代表例は、アンドロステンジオンです。



男性ホルモン(アンドロゲン)の代表例は、テストステロンです。精巣のライディッヒ細胞で生合成されます。男性化作用、タンパク質同化作用などを有します。テストステロンは、脳下垂体前葉から分泌される間質細胞刺激ホルモン(ICSH:interstitial cell‐stimulating hormone)により分泌されます。この ICSH は、黄体形成ホルモン(LH:luteinizing hormone)と同一ですが、男性に作用する時、呼び名が異なる点に注意が必要です。(101-112)


女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(ゲスタゲン)に分類されます。卵胞ホルモンの代表例は、エストラジオールです。黄体ホルモンの代表例は、プロゲステロンです。



前の項目へ      目次へ      次の項目へ



前の項目へ      目次へ      次の項目へ