6) 一酸化窒素の生合成経路と生体内での役割


一酸化窒素(NO) は情報伝達物質の一つです。ガス状で細胞膜を容易に通過、すぐ酸化されるため半減期が極めて短いといった特徴があります。


一酸化窒素は、NO 合成酵素(NOS)により、アルギニンから合成されます。NOS は 常に存在するか、刺激を受けて活性化するかでまず大きく2つに分類されます。それぞれ構成型 NOS、誘導型 NOS(iNOS) です。構成型 がさらに、神経細胞に存在する nNOS と、血管内皮細胞に存在する eNOS に分類されます。


NO は、可溶性グアニル酸シクラーゼを活性化させ、cGMP 産生を増加します。この結果、血管の弛緩作用を示します。



前の項目へ      目次へ      次の項目へ