4) アセチルコリンの生合成経路、分解経路、生理活性


アセチルコリンは、自律神経節、及び、副交感神経節後シナプス、運動神経における神経筋接合部において、神経伝達物質として作用している物質です。参考)生化学まとめました(1) 1-2 3)


アセチルコリンは、コリンと、アセチルCoAを原料に、コリンアセチルトランスフェラーゼによって合成されます。神経伝達物質として、シナプス間隙に放出されたアセチルコリンは、そのまま存在してはずっと神経を興奮させてしまいます。そのため、速やかに、コリンエステラーゼによって分解されます。

生合成及び分解をまとめると、下図のようになります。

アセチルコリンは、アセチルコリン受容体に結合して、様々な生理活性を示します。アセチルコリン受容体は、ニコチン(N)受容体と、ムスカリン(M)受容体に大別されます。


N 受容体は、Nm、N受容体といったサブタイプが存在します。

M 受容体は、M1、M2、M3 受容体といったサブタイプが存在します。

サブタイプごとに、器官における発現が異なり、それぞれの器官において様々な反応を引き起こします。


代表的な作用としては、心機能の抑制、平滑筋の収縮などが知られています。

これらの作用は、M 受容体を介して行われるため、アセチルコリンのムスカリン作用と呼ばれます。

心機能の抑制は、M2 受容体刺激を介しておこなわれます。

平滑筋収縮は、M3 受容体刺激を介しておこなわれます。



前の項目へ      目次へ      次の項目へ