2-4 3) アポトーシスとネクローシス





アポトーシスとは
プログラム化されている細胞の死です。

ネクローシスとは
プログラム化されていない細胞死です。

アポトーシスとネクローシスのイメージは
以下の図になります。


アポトーシスにおいては
細胞が小さくなり、断片化されます。
残骸はマクロファージにより貪食されます。

カスパーゼと呼ばれるプロテアーゼ
(タンパク質や、ペプチド中のペプチド結合を加水分解する酵素の総称)が
アポトーシスには大きく関与しています。


ネクローシスにおいては
細胞膜の破壊と内容物の漏出がおきます。
これにより炎症を引きおこします。