3) 国勢調査







国勢調査は
人口静態統計を作成するために行われる調査です。

5年毎に行われ
西暦の末尾が0の時が大規模調査、末尾が5の時が簡易調査と呼ばれます。

調査の対象が
外国人を含む普段日本に住んでいる人であることが特徴です。

調査目的は
人口の基本的な属性、経済的属性などを調査することです。

意義は
国及び都道府県・市町村における各種行政施策の立案・実施
その他の基礎資料として活用していくことができることです。



以下 統計局ホームページより
平成22年(2010年)国勢調査結果の一部を引用します。


平 成 2 2 年 国 勢 調 査
人 口 等 基 本 集 計 結 果

要 約

・ 平成 22 年 10 月 1 日現在の我が国の確定した人口は
1 億 2805 万 7352 人
平成 17 年~22 年は横ばい
(年平均 0.05%増,平成 17 年から 0.2%増と調査開始以来最低の人口増加率) 

・ 総人口を男女別にみると
男性が 6232 万 7737 人(総人口の 48.7%),女性が 6572 万 9615人(同 51.3%)

・ 日本人人口は1億 2535 万9千人
平成 17 年~22 年は横ばい(年平均 0.06%減,平成 17 年から 0.3%減) 

・ 外国人人口は 164 万8千人
平成 17 年~22 年は増加(年平均 1.16%増,平成 17 年から 5.9%増)


引用おわり