1) 一次、二次、三次予防








一次予防とは
健康な段階で行う予防のことです。

具体的には
栄養改善、環境保全や、予防接種などが挙げられます。



二次予防とは
疾病がまだ発症前期であり
重症化していない時に
早期に発見・処置する行為のことです。

早期発見の具体例としては
健康診断などが挙げられます。

早期治療具体例としては
早めの手術などが挙げられます。



三次予防とは
重篤化した疾患から
社会復帰するための行為のことです。

具体例としては
骨折した後のリハビリテーションや
がんの再発防止のための食生活習慣の改善
などが挙げられます。