4) 母子感染






母子感染とは
母体から病原体(ウイルスや菌)が子へと感染することです。
垂直感染とも呼ばれます。

母子感染がおきる代表的な病気の例は
梅毒、風疹、B型肝炎、エイズです。



母子感染は、大きく3つに分類されます。


1つめは、経胎盤感染です。
母体血液中の微生物が胎盤を介して感染します。

梅毒、風疹が代表例です。


2つめは、産道感染です。
出産時の出血などにより感染します。

B型肝炎ウイルス、エイズが代表例です。


3つめは、母乳感染です。
母乳からの経口感染します。

エイズなどで起こることがあります。
又、成人 T 細胞白血病の原因である
HTLV-1 も
母乳による垂直感染の可能性のある
ウイルスとして知られています。