3) 一~五類感染症







感染症法において
感染症を危険性が高い順に
一類から五類に分類しています。



一類感染症は
エボラ出血熱などの出血熱
マールブルグ熱、ラッサ熱、ペストなどです。

ペストのみ細菌が原因で
他は全てウイルス性です。
対応は原則入院です。



二類感染症は
ポリオ、結核、ジフテリア
SARS、鳥インフルエンザ(H5N1)です。

結核、ジフテリアは細菌性です。
その他の鳥インフルエンザは四類です。



三類感染症は
コレラ、赤痢、チフス
O-157等による腸管出血性大腸菌感染症などです。

全て細菌性です。
対応は就業制限となります。



四類感染症は
狂犬病、炭疽症、マラリア
ウエストナイル熱、鳥インフルエンザ(H5N1以外)等です。

炭疽症のみ細菌性です。
対応は媒介動物の輸入禁止などです。



五類感染症は
麻しん、風疹
AIDS、インフルエンザ、クロイツフェルト・ヤコブ病です。

対応は発生状況に関する情報の収集及び分析です。



演習)