3) 生活習慣と疾病の関わり






生活習慣と疾病の関連としては
特に食生活と疾病の関連がよく知られています。


エネルギー摂取過剰だと
肥満や糖尿病、脂質異常症になりやすいです。


食塩を過剰に接種すると
高血圧や胃がんになりやすいです。


飲酒が過剰だと
アルコール性肝疾患になりやすいです。


又、生活習慣病のリスク要因と重複しますが
喫煙により様々な疾病にかかりやすくなります。