4) シトクロムP-450(CYP450)の構造、性質、反応様式


シトクロムP-450
(CYP450。単に「CYP(シップ)」と、以降呼びます。) は
活性中心にヘム鉄 を含む
分子量約50000の
一群のヘムタンパク質の総称です。

「450」は
CO(一酸化炭素)と結合した時に
波長を変えつつ光を当てると
450 nm に、吸収極大が見られることを意味しています。


CYPは、アミノ酸組成の類似性から
CYP1 ファミリー、CYP2 ファミリー・・・
と分類されます。

それぞれのファミリーの中でさらに
似ているものどうしで
CYP1A、CYP1B、、、 と分類されます。

さらに
CYP1A1 ,CYP1A2、、、と分けられます。

代表的な CYP は
CYP 3A4 です。 


CYP の特徴は
基質特異性が低い ということです。
つまり、同じ CYP が色んな薬物を代謝します。

また、違うグループの CYP が
同じ薬物を代謝したりもします。


代表的な CYP と
代謝する薬物、反応様式や特徴として
重要なものを以下、列挙します。

これをベースとして、少しずつ
思い出せる知識を演習などを通じて
増やしていくとよいと思います。


CYP 3A4 → ジアゼパム(Bz系 抗不安薬)、水酸化(酸化の一種。-OHを付ける。)

CYP 1A2 →テオフィリン(ぜん息薬)、N-脱メチル化
※ 1A2 の特徴は、喫煙で、誘導されることです。

CYP2C9 
→フェニトイン(抗てんかん薬)
トルブタミド(血糖降下薬)
ワルファリン(抗凝固薬)
『肉、ふとるわ』 で覚えるとよいと思います。様式は不要です。

CYP2C19
→オメプラゾール(胃酸抑制薬。PPI。)
これも様式不要。演習の内容(PM,EMの存在)をぜひチェック。

CYP 2D6 
→コデイン。O-脱メチル化。

CYP2E1
→エタノール、酸化。
お酒で酔った時に使われている酵素。


演習)

(CYP の一般的な内容について。)
(CYP2C19 について。
(CYP の酸化。具体的に構造あり。 )



前の項目へ      目次へ      次の項目へ