2) 薬物の生物学的利用能




生物学的利用能は
バイオアベイラビリティ(以下 BA と略します。)と呼ばれます。

BA は大きく 2 つに分類されます。
量的 BA(=生物学的利用率) と
速度的 BA(=生物学的利用速度) です。

単にバイオアベイラビリティとよんだ時は
量的 BA を意味します。


量的 BA は
投与量に対する、体循環流入量の割合です。
実際にデータとして用いるのは、投与量と AUC です。

AUC とは
横軸に時間 縦軸に血中薬物濃度を
とったグラフにおける
軸と曲線に挟まれる部分の面積のことです。

体循環に流入する量が多ければ
AUC も大きくなるため
AUC から、体循環流入量が推定できます。

AUC は
血中濃度を採血により数点測定し
統計的な処理で曲線を描き求めます。


意識しておきたい点としては
バイオアベイラビリティが高い、低いと
薬としての善し悪しは
別の観点である、ということです。

例えば点鼻や外用薬で
局所作用のみを期待し
全身作用を避けたい場合は
BA が 0 に近いほどよいと考えられます。



速度的 BA とは
最大血中濃度 及び そこに至るまでの時間
の評価です。



量的 BA 及び 速度的 BA が
2 つの薬剤で等しい

すなわち
ある薬物 A,B を 同じ量投与した際に
AUC、Cmax,Tmax が等しい 場合
薬物 A,B は「生物学的に同等」といいます。

これは
ジェネリック医薬品の評価に用いられる
重要な表現です。
確実に理解し、おさえておきましょう。


以上です。



前の項目へ 

 目次へ 

 次の項目へ