5) 線形コンパートメントモデルと非線形コンパートメントモデル




線形とは
消失速度が1次式で表されるということでした。


非線形は
投与量が大きくなると
消失速度が1次式では説明できなくなるような
パターンのことです。

代表的な非線形をとる薬物は
フェニトイン(肝代謝飽和が原因)
ゾニサミド(
肝代謝飽和が原因)です。


非線形薬物において
横軸に時間、縦軸に lnC をとった場合のイメージは
以下のようになります。

以上です。






前の項目へ      目次へ     次の項目へ