1) 治療的薬物モニタリング(TDM)


TDMとは

目の前の患者にふさわしい

投与設計、薬物療法を行うための

モニタリングです。


代表的な手法が

適宜血中濃度を測定しつつ

用法・用量を調節していく というものです。



TDMの必要性が高い薬物とは


1:血中濃度と薬効に相関があり、かつ

2:治療域が狭かったり、体内動態の変化が大きかったりして

一律な用法・用量では問題が生じ、しかも

3:血中濃度測定以外で

効果判定をしかねるような薬物です。



TDMの診療報酬として

特定薬剤治療管理料があります。


特定薬剤治療管理料の請求ができる薬物が

TDM を行う薬物として

おさえておけばよいと考えられます。


保険適用が認められている薬剤について

TDM の有用性が公式に認められていると

解釈できるからです。


近年、抗がん剤や

新たな免疫抑制剤 についての適用が認められ

順次適応が拡大しています。




^^^以下、雑感。補足。^^^

国試に不要。



一つ忘れてはいけないのは

TDM 業務が初めて保険点数化されたのは

昭和 55 年であり(炭酸リチウムが対象。)


その後TDMの治療面での

有用性が確認されるとともに

対象薬剤がどんどん拡大され

点数も引き上げられてきたという歴史です。


参考) 日本 TDM 学会

http://plaza.umin.ac.jp/~jstdm/yogo/kiso/08_tokuteitdm.html


TDM の今後は

(もちろんそれだけでなく

薬学、薬剤師の未来も)

これまでを作ってきたのと同様に

これからの薬剤師の働きにかかっています。



雑感 続き。話題転換。

TDM という、精緻かつ迅速な検査によって

より「キレがあるが扱いが難しい「怖い」薬」を

相当程度、十分に安全に使える というイメージ。

激しく、うん、工学的なイメージ。

原子力工学とかとパラレルって何となく感じる。


一方で、この分野は

医療の、薬学の、ごく一部ってことも間違いない。

端境で生まれ、育まれてきた

これらの知識、実践が

どう全体に活かされていくのか?


ほんと、薬剤師の役割、試されてる時代だな~。

なんて思う。僕はこういった流れの中で

薬学教育が 6 年制になったことに

社会の変化の可能性を実感する。



薬剤師が採血さらっとできて

自分で必要だって思った時に

即座にTDMできたらいいのに。。。とか

もっと簡便な TDM(唾液は期待大!) が

必要なんじゃないかな。とか、思う。


これらの実現には

メディカル工学 的な力 が

すごく発揮できる分野であるような。。。などなど。

未来をよくする種は

ほんと身近に揃っているなぁ。。。と思う。


^^^ 以上 雑感 ^^^



以上です。




前の項目へ      目次へ      次の項目へ