2-2 4) 自律神経系に作用する薬物の代表的な効果測定




自律神経系に作用する薬物の効果測定の1つの方法として
ウサギやラットの回腸標本を用いて
筋肉の収縮を記録する装置につないで薬物を投与することで測定するという方法があります。


この方法において用いられる装置はマグヌス装置と呼ばれます。
概略図は以下のようになります。