3-4 2) 抗血栓薬

サイト引っ越しました。
今ご覧になっているサイトは近々閉鎖されますので、
お気に入りやブックマークをしてくださっている方は、
新しいURLで再登録をお願いします。



抗血栓薬は
血栓の形成を阻止する薬です。

作用点は大きく3つです。

1つめは血液凝固系です。
この系を阻害することで血栓の形成を阻止します。

2つめは線溶系です。
この系を促進させることで、間接的に血栓形成を阻止します。

3つめは血小板です。
血小板の凝集を阻害することにより血栓の形成を阻止します。



抗血栓薬は
大きく 4 つに分類されます。


   ⅰ.アンチトロンビン III 依存抗凝固薬
   ⅱ.ヘパリン類似薬
   ⅲ.経口抗凝固薬
   ⅳ.抗トロンビン薬
 



.アンチトロンビン III 依存抗凝固薬

このタイプの代表的な薬は
   ・ヘパリン
などが挙げられます。
( )の中に書いたのは、商品名の一例です。


ヘパリンは
アンチトロンビン III の作用を増強することで
抗凝固作用を示すことから
アンチトロンビン III 依存的な薬と呼ばれます。



ⅱ.ヘパリン類似薬
このタイプの代表的な薬は
   ・ダルテパリン(ヘパクロン)
   ・ダナパロイド(オルガラン)
などが挙げられます。

ダルテパリン、ダナパロイドは
ヘパリン類似物質です。
要はヘパリンとイメージするとよいです。

アンチトロンビン III の作用を増強
セリンプロテアーゼ(トロンビン、第 Xa 因子等)の活性を抑制します。
アンチトロンビン III によるトロンビン阻害作用に比べ
第 Xa 因子阻害作用が強いです。




ⅲ.経口抗凝固薬

このタイプの代表的な薬は
   ・ワルファリンカリウム(ワーファリン)
などが挙げられます。


ワルファリンカリウムは
経口抗凝固薬です。

ビタミン K と拮抗し、第 II、IX、VII、X 因子の合成を阻害します。
「にくなっと~(肉納豆)」と覚えると覚えやすいかもしれません。

ワルファリンは扱いの難しい薬としてよく知られています。
相互作用も多く、代表的な例として、納豆をはじめとするビタミンK含有食品が
薬効減弱を引き起こすため注意が必要です。




ⅳ.抗トロンビン薬 

このタイプの代表的な薬は
   ・ガベキサート(レミナロン)
   ・ナファモスタット(フサン)
   ・アルガトロバン(アルガロン)
などが挙げられます。


ガベキサート、ナファモスタット、アルガトロバンは
抗トロンビン薬です。
タンパク質分解酵素阻害薬で
アンチトロンビンIII非依存的に凝固因子を阻害することにより
抗凝固作用を示します。




代表的な抗血栓薬をまとめると
以下の表になります。