1-1 1) 溶液の濃度と性質








溶液とは、液体に固体、気体、もしくは他の液体が混合し
均一な液相となったもののことです。
溶かされる成分を溶質、溶かす方の成分を溶媒といいます。


濃度とは、一定量の液体に含まれる溶質の量を示したものです。

代表的な濃度として、質量百分率、体積百分率、質量対容量百分率、モル濃度、質量モル濃度
容量オスモル濃度、質量オスモル濃度があります。


質量百分率は、w/w%と表示します。
溶液100g中の、溶質の質量のことです。

体積百分率は、v/v%と表示します。
溶液100mL中の、溶質の体積のことです。

質量対容量百分率は、w/v%と表示します。
溶液100mL中の、溶質の質量のことです。

モル濃度は、mol/Lと表示します。
溶液1L中に含まれる溶質の物質量のことです。

質量モル濃度は、mol/kgと表示します。
溶媒1kg中に含まれる溶質の物質量のことです。

容量オスモル濃度は、Osm/Lと表示します。
溶液1Lに含まれるオスモル数(溶液中のイオンや分子の総モル数)のことです。

質量オスモル濃度は、Osm/kgと表示します。
溶液1kg中に含まれるオスモル数のことです。

溶液の性質は、溶媒、溶質によって異なります。
代表的な溶媒は水、ヘキサンなどです。